圧巻!イ・ジュンギは重圧を乗り越えて『無法弁護士』を傑作に導いた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

時代劇と現代劇という二つのジャンルをバランスよく演じ分けているイ・ジュンギ。彼は特に現代劇の場合はアクションシーンにこだわる。それは、視聴者に最高の自分を見せたいという強い意欲を持っているからだ。




「ドラマの命」とは?

ケーブルチャンネルのtvNで放送された『無法弁護士』の制作発表会がソウルで行なわれたのは2018年5月8日のことだった。
この制作発表会でイ・ジュンギはこう語っている。
「今度のドラマはアクションシーンがすべてではないのですが、やはり自分なりのアクションをお見せしたいんです。自信もあります」
この言葉には、彼の強い決意が表れていた。
しかし、悩みもあった。「自分自身がどれほど視聴者にアピールできるか」について不安が芽生えたのだ。
「視聴者のみなさんに、どれくらい魅力をアピールできるのだろうか。心配もありましたし、責任感も感じていたのです。そうしたストレスもありました」
こう語ったイ・ジュンギは、作品に対する重圧を乗り越えて、精悍な姿で主役の役割を全うした。
実際、徹底して全力を尽くすイ・ジュンギの俳優魂が『無法弁護士』でも存分に発揮されていた。




このドラマでイ・ジュンギが演じるのは暴力団出身の弁護士。異例のキャラクターだ。顧客の勝利のためなら拳を使ってでも精一杯やろうとする弁護士であり、法律家でありながら無法ぶりを発揮する男である。
それでも、絶対的な権力に立ち向かうときには、無法ではいけないという覚悟を強く持つ。そんなふうに成長していく姿がドラマの中で描かれている。
とにかく面白い。イ・ジュンギのドラマがいつもスリリングなのは、主役の彼が妥協を許さず最後まで突っ走るからだ。
そうした情熱こそが「ドラマの命」だとも言える。イ・ジュンギの作品を見ていると、つくづくそう思えてくる。

文=「ロコレ」編集部

フジテレビ系の『TWO WEEKS』の本家はイ・ジュンギ!

イ・ジュンギがこだわる流儀は「イメージ管理をしないこと」!

イ・ジュンギが演じた光宗(クァンジョン)は凄い王だった!

『無法弁護士』のイ・ジュンギ!精悍な姿を維持する秘訣は?

イ・ジュンギが身体を鍛えてストイックに生きられる理由とは?

イ・ジュンギが主演した『無法弁護士』のここが面白い!

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る