BTS(防弾少年団)の活用が想定される「同伴入隊」とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の兵役には、スポーツや芸術の分野で特別な活躍をした人に兵役免除の特典を与える制度がある。その制度の改善策が2018年10月から検討されていたが、現行の制度が維持されることがほぼ内定したようだ。これによって、BTS(防弾少年団)の兵役免除は実現しないという見通しになった。そうなると、彼らの今後の兵役はどのような展開になるだろうか。




3カ月前に申請書を提出

2020年からBTSのメンバーが順次兵役に入ることが予想される。
その際、彼らは「同伴入隊」の制度を活用するのではないか、という計画が韓国のメディアで相次いで報道されている。
確かにグループとして、兵役による空白期間をなるべく最短にするうえでは効果がある計画だろう。
そもそも、「同伴入隊」とは何だろうか。
ここで具体的に説明していこう。
同伴入隊というのは、友人や親戚同士の2人が一緒に入隊して、同じ新兵訓練を受けた後も同じ部隊で最後まで軍務を行なう制度である。
いくら兵役が不可避とはいえ、入隊するのは誰もが不安である。そうした不安をやわらげて、軍務に集中できるようにする制度が同伴入隊であり、2003年から陸軍において実施されている。




どうすれば、親しい友人と同伴入隊できるだろうか。
まず、3カ月前に兵務庁に申請書を出して、審査を受ける必要がある。
(ページ2に続く)

BTS(防弾少年団)が兵役免除にならなかった理由とは?

BTS(防弾少年団)の兵役免除も結局は実現しなかったのか

BTS(防弾少年団)の兵役はいつから始まるのか

BTS(防弾少年団)も影響を受ける「兵役未了者の海外渡航制限」とは何か?

BTS(防弾少年団)の兵役問題を考える時に一番重要なことは?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る