BTS(防弾少年団)の兵役免除も結局は実現しなかったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

彼らも芸能界の先輩と同様に……。

韓国の報道によると、従来の兵役免除制度に根本的な変更はなく、大衆文化の分野に兵役免除制度が取り入れられる予定もない模様だ。
つまり、BTSは芸能界の先輩たちと同様に兵役に就かなければならない、ということになりそうだ。
BTSは2019年、アメリカのCBSの番組「サンデー・モーニング」のインタビューに応じたが、その中でJINが次のように答えている。
「(兵役は)韓国人として自然なことです。僕たちはいつか呼ばれたら駆け付けて、最善を尽くす準備ができています」
このようにJINは明確に答え、いずれ入隊の日が来ることに備えている心境を語っている。




いずれにしても、BTSの兵役問題は2020年にかけて大きな注目を集めることになる。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

BTS(防弾少年団)の活用が想定される「同伴入隊」とは何か

BTS(防弾少年団)の兵役はいつから始まるのか

BTS(防弾少年団)も影響を受ける「兵役未了者の海外渡航制限」とは何か?

BTS(防弾少年団)の兵役問題を考える時に一番重要なことは?

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

米メディアで入隊について語ったBTS(防弾少年団)の今後の兵役問題は?

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る