3年経っても『雲が描いた月明り』のパク・ボゴムが秀逸!

このエントリーをはてなブックマークに追加

強靭な心を持っている

パク・ボゴムはこう語る。
「イ・ヨンは堂々としているのですが、ちょっと気難しいところがあります。ただし、内面はとても力強くて温かさを持っている人物です。一見すると冷たそうに見えても、内面はそうではないというところに魅力を感じました。また、年は若いのですが、非常に強靭な心を持っているというところでも学ぶことがたくさんありました」
このように、イ・ヨンについて快活に語るパク・ボゴム。しかし、演じていて胸が痛んでしまった部分があったという。
それは、どんなところだったのか。
「イ・ヨンは、自分を引きずりおろそうとしている人たちに取り囲まれていました。宮廷の中で信じられる人物というのは、いつも側にいてくれるチャン内官と妹しかいなかったのです。しかも、無力な王子として見られていたかもしれません」




「世間知らずな世子(セジャ)を演じながら、家族を守っていこうとする彼の気持ちを忠実に考えながら演じていました。そして、一見冷たく響くかもしれない彼の言葉の中に、誰よりも大きな真心が込められていて、その中には温かい気持ちが秘められているということを褒めようとしました」
こうした言葉を聞いていると、パク・ボゴムがイ・ヨンに心から成りきっていたことがわかる。
やっぱり、『雲が描いた月明り』のパク・ボゴムは秀逸だ。

構成=「ロコレ」編集部

必読!パク・ボゴム主演『雲が描いた月明り』を理解するための歴史解説

去り際に手を振るパク・ボゴムには別世界に引き込まれるような哀愁がある!

大物俳優が兵役から復帰する中でパク・ボゴムは真価を発揮できるか

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

パク・ボゴム!笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る