『トッケビ』から『ザ・キング』へ!イ・ミンホと共演するキム・ゴウンに注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

再び超大物作家の作品に出演!

『トッケビ』のウンタクは、明確でゆるぎないキャラクター設定だっただけに、よほどの演技の裏付けがないと役になりきるのは難しい。その中でキム・ゴウンは見事にウンタクを演じきっていた。
コン・ユもキム・ゴウンを称賛していた。
「キム・ゴウンさんとは、以前から一度は共演したいと思っていました。実際に共演してみると、想像以上にエネルギッシュな人でした。おかげで、楽しく演じることができました」
ここまで評価されたキム・ゴウンは、除隊後のイ・ミンホの復帰作となる『ザ・キング:永遠の君主』に出演する。




脚本は『トッケビ』も書いた超大物のキム・ウンスク作家。つまり、キム・ゴウンは再びキム・ウンスク作家の作品に出ることになったのだ。
イ・ミンホとキム・ゴウンが共演する『ザ・キング:永遠の君主』は、2020年上半期にSBSで放送される予定だ。

文=「ロコレ」編集部

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

コン・ユ主演の『トッケビ』の大きな見どころはココだ!

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る