パク・ボゴムはいま撮影と趣味の両方で毎日映画ざんまい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ボゴムとコン・ユのダブル主役となる映画『徐福』は、6月から8月にかけて統営(トンヨン)市でロケを行ない、順調に撮影が進んでいる。そんな中で、パク・ボゴムはこの夏をどんなふうに過ごしたのだろうか。

映画『徐福』のロケが行なわれた統営市(写真提供=統営市)




映画から離れられない

映画『徐福』は、複製として作られたクローン人間をめぐって様々な人間たちが欲望をむきだしにしていくストーリーとなっている。
この中でパク・ボゴムは、末永い生命力を持った人類初のクローン人間に扮している。意表をつく配役なのだが、このような特異な役柄をパク・ボゴムがどう演じていくかが注目される。
そんなクローン人間を取り込もうとする国家機関の優秀なエージェントをコン・ユが演じている。
人気俳優の共演だけに『徐福』は大きな話題を集めている。撮影も今夏に、朝鮮半島の南岸に位置する統営市で行なわれた。
この統営市は人口が約14万人の港湾都市だが、夏は大変暑く、パク・ボゴムもその暑さに苦労したようだ。
そんな彼の息抜きになったのが、まさに映画鑑賞だ。




彼は時間さえあれば様々な映画を見ているという。
仕事で撮影に没頭しながら休憩の時間でも映画から離れられないパク・ボゴム。それは、映画に打ち込む彼の意欲のあらわれと言える。

文=『ロコレ』編集部

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る