『ヘチ』でチョン・イルが演じた英祖の人生は波瀾万丈だった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チョン・イルが主役を演じて2019年2月11日からSBSで放送された時代劇『ヘチ(原題)』の評判がいい。韓国時代劇が好きな人の間でも「とても面白い」という意見が多く寄せられている。




母は淑嬪・崔氏

『ヘチ』のキャッチフレーズは、「最も低いところから始まった一番輝かしい王位継承物語」だ。実際、『ヘチ』は低い身分の血を受け継いだ「歓迎されない王子」が朝鮮王朝の政治を改革するところを描いている。
主役のチョン・イルが演じたのが若き日の英祖(ヨンジョ)だ。
ドラマをもっと興味深く見るために、英祖の人生について紹介しておこう。
朝鮮王朝の21代王の英祖(ヨンジョ)は、1694年に生まれた。
父は19代王の粛宗(スクチョン)、母は側室の淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏だ(ドラマ『トンイ』の主人公)。異母兄は、粛宗と張禧嬪(チャン・ヒビン)の間に生まれた6歳上の景宗(キョンジョン)だった。
英祖は1704年、10歳のときに結婚した。
妻は後の貞聖(チョンソン)王后である。
1718年、英祖の母の淑嬪・崔氏が世を去った。
1719年、英祖の側室が長男の孝章(ヒョジャン)を産んだ(しかし、1728年に9歳で病死した)。




1720年に父の粛宗が亡くなった。父に代わって、異母兄の景宗(キョンジョン)が20代王として即位した。
1724年、景宗が在位わずか4年2カ月で亡くなった。彼には子供がいなかったので、英祖が21代王として即位した。30歳だった。
彼は各派閥から公平に人材を登用する政治を進めた。これは蕩平策(タンピョンチェク)と呼ばれ、英祖の治世を代表する政策の一つになった。
(ページ2に続く)

チョン・イルが『ヘチ』で演じている英祖(ヨンジョ)とは誰なのか

素敵な関係!イ・ミンホとチョン・イルは幼い頃から友情を育んできた

『ヘチ』主演のチョン・イルが語る「イ・ミンホとの友情物語」!

チョン・イルが兵役終了後に『ヘチ』で芸能界にスピード復帰!

イ・ミンホの復帰作となる『ザ・キング』!共演のキム・ゴウンの演技は?

イ・ミンホ 新世界を見つけたスター

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る