大物俳優が兵役から復帰する中でパク・ボゴムは真価を発揮できるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年の末から、多くの人気俳優が兵役を終えて芸能界に戻ってきた。たとえば、チョン・イル、チ・チャンウク、イ・ミンホ、2PMテギョン、キム・スヒョンなど。こうした中でパク・ボゴムはどんな活躍を見せてくれるだろうか。

次回作が期待される俳優

それにしても、長き空白だった。
2007年から2009年にかけて、本来なら一番バリバリ主役を張れる人たちが兵役によって俳優活動を中断していたのだ。この「兵役ロス」は、韓国の芸能界にとっては、かなり深刻だった。
彼らがいればいろんなドラマを企画できたはずなのに、実際にはそれができなかったのである。
しかし、逆に言えば、20代の若手俳優にとっては、大きなチャンスとなった。その中で、随一の活躍をしたのがパク・ボゴムだ。
彼は『雲が描いた月明り』の大成功によって、「次回作がもっとも期待される俳優」になった。先輩俳優たちが抜けた穴を埋める最高の逸材に飛躍したのだ。




その後にパク・ボゴムはソン・ヘギョと共演して『ボーイフレンド』に出演。純粋な青年を魅力的に演じた。
さらに、現在はコン・ユとのダブル主演となった映画『徐福』を撮影中だ。
(ページ2に続く)

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』のロケ地・統営市とは?

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る