ウットリ!斜め45度の花美男(特別編集版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

どんなに好きなスターでも、正面から見た顔に慣れすぎていると、斜め45度の角度から見たとき、「アレッ、イメージが全然違う」と思うことがある。角度が変われば、そこに新しい発見があるのだ。もっとも、花美男はどの角度から見てもいいに決まっているのだが……。




様々な角度から花美男を分析する

かつて、「男の顔は履歴書」と言っていた著名な評論家がいた。
男たるもの、その顔に今までのキャリアが注ぎ込まれていなければならないという意味なのだ。
とはいえ、若い韓流スターの場合は、「男の顔は履歴書」と言うほど人生のキャリアをたっぷり積んだわけではないが、やはり花美男と言われるだけあって、その華麗な風貌には内面的な美しさも見え隠れしている。
実際、私たちが韓流スターを見るとき、正面から見た顔が一番記憶に残っている。テレビ画面でも雑誌の誌面でも顔が大きく出るときは正面から撮影したものが一番多いことだろう。
ただ、正面から見た顔というのは、その人の顔の造形がストレートに出すぎてしまうのではないか。
確かに、花美男と呼ばれるほど顔の造形が美しければそれにこしたことはないのだが、やはり真正面というのは様々な角度の1つにすぎない。




見る角度によってその人のもっとも美しく見えるポイントが違うということを考えれば、様々な角度から花美男を分析するほうがずっと楽しい。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

『ゲーテ』に載った東方神起の記事が素晴らしい!

40歳になったコン・ユは『黄金の40代』を築けるのか

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る