韓国に旅行に行くとなぜか親切な人にたくさん出会う!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

たとえば韓国に旅行で行って「とても親切な人に助けられた」という経験を持った人はとても多いに違いない。今回は、たまたま釜山で出会った忘れられないハラボジの話をしてみましょう。




現れたハラボジ

釜山(プサン)に行って地下鉄の切符を買おうとしたときのことだ。
目の前の自販機は1万ウォン札(約1000円)が使えないものだったのだが、あいにく1万ウォン札しか持っていなかった。
両替機がないかとキョロキョロしていたら、「ワシの出番だ。まかせとけ」といった雰囲気で70歳くらいのハラボジ(おじいさん)が近づいてきた。
「日本から来たのか。そうか、そうか。釜山でたっぷりお金を使っていってね」
ハラボジは観光客誘致に人生を捧げているような感じで、日本語で切符の買い方を一から説明し始めた。
ハラボジの好意を無にしたくなくて、そのまま黙って説明を聞いた。まるで5歳の子供に切符を買わせるように、ハラボジの説明は細かかった。
ひと通り説明を聞いたあと、私は1万ウォン札を見せて「両替機はないか」と聞いた。すると、ハラボジはズラリと並んだ自販機の左側を指した。




そこで、ハラボジに礼を言い、一番左側まで行った。
そこの機械には先客がいたので、その人が終わるのを待ってから、1万ウォン札を挿入した。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本に留学した韓国人がビックリするほど実感したことは?

ソウルに転勤となった日本人社員がホトホト困ったことは?

韓国語を学ぶ日本人留学生はどんなことに苦労するのか

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る