パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ボゴムとコン・ユのダブル主役となる映画『徐福』は快調に撮影が続けられている。この映画の演出を務めるのがイ・ヨンジュ監督だ。映画『建築学概論』で社会現象を起こすほどのブームを作った監督でもある。




イ・ヨンジュ監督

韓国で恋愛映画で初めて観客400万人を突破して初恋ブームの社会現象を巻き起こしたのが映画『建築学概論』だった。
ストーリーを見てみよう。
建築学科に通う大学1年のスンミン(イ・ジェフン)は、建築学概論の授業で、音楽科の女子学生ソヨン(ペ・スジ)に出会い、ひと目で恋に落ちた。しかし恋愛ではいささかオクテなスンミン。なかなか告白できないまま、小さな誤解からソヨンと疎遠になってしまう。
それから15年後。
建築家になったスンミン(オム・テウン)のところにソヨン(ハン・ガイン)が「家を建ててほしい」と突然現れる。
建築の過程でソヨンの素性が次第に明らかになるにつれて思い出がよみがえり、再び彼女に恋心を抱くスンミン。




しかし、ソヨンには婚約者がいた……。
こういう物語なのだが、『建築学概論』の脚本と演出を担当したのがイ・ヨンジュ監督だった。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

コン・ユ主演の映画『82年生まれ、キム・ジヨン』を早く見たい!

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』のロケ地・統営市とは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る