コン・ユが示した教訓「芸能人はお高くとまってはいけない」!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

多くの国では、スターというのは夜空に輝く星であり、一般の人が仰ぎ見る存在である。けれど、韓国では違う。スターが自らファンのそばに近づいて、ファンと一緒に歩いているという雰囲気を出している。




長く人気を保つ秘訣は?

韓国はスターがテレビに出たときに自分の庶民性を徹底的にアピールする。「何を食べている」とか、「どんなところへ行っている」とか、「家で普段は何をしている」とか、そういうことを割と明るく語ることが多い。
それは、「視聴者と同じように生活しています」ということを伝えたいからだ。つまり、お高くとまらないのである。
ここが重要だ。スターといえども、お高くとまった段階で、人気がガタッと落ちるのが韓国の常である。
たとえ人気者でも、韓国社会では謙虚さが求められ、腰が低い自分を見せないと共感を得られない。
逆に、少しでも「自分は特別な人間なんだ」とか「自分はビッグなんだ」と思っていたとしたら、すぐに見抜かれて、ファンは失望して離れていってしまうだろう。
長く人気を保つ秘訣は「謙虚さ」に尽きる。それは、濃密な儒教精神が残る韓国ならではのことだ。




そういう意味で、今まで韓国のスターが力を入れてきたのがファンミーティングだった。ファンミーティングというのは、スターが唯一ファンの人たちと交流できる場であり、スターの側も積極的に開いてきた。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユとイ・ドンウク!『トッケビ』からさらに続く友情物語とは?

『トッケビ』から眠っていたコン・ユがついに俳優魂を覚醒させた!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る