『麗<レイ>』でIUと共演したイ・ジュンギが彼女の新作に友情出演!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

IU(アイユー)はヨ・ジングとともに新作ドラマ『ホテルデルーナ』(tvN)に出演しているが、7月20日に放送された第3話ではイ・ジュンギが友情出演して、大きな話題となっている。




息が合った演技

イ・ジュンギは『ホテルデルーナ』の第3話に神父の役で登場したが、これはIUとの友情に応える特別出演だった。
感激したIUは7月21日、自身のインスタグラムに「感動です」と感謝の気持ちを表していた。
イ・ジュンギとIUは『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』で共演してからずっと友情を深めてきた。
もともと、『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』は韓国SBSで2016年8月29日から11月1日まで全20話で放送された。
最終回は約11%という視聴率で終盤に向かって盛り上がったことで、ドラマそのものの評価も良好だった。
日本でも2017年から地上波やBSで放送されるようになり、現在でも繰り返し再放送されている。
また、レンタルDVDでも2017年の大手の統計では韓国ドラマのベスト3に入るほどの人気だった。




このドラマの主役はイ・ジュンギだった。彼は高麗王朝の4代王・光宗(クァンジョン)に扮した。
そして、ヒロインを演じたのがIUだった。
2人は本当に息が合った演技を見せた。
それから友情が続き、今回の『ホテルデルーナ』にイ・ジュンギが特別出演することになったのである。何よりも、イ・ジュンギの思いやりがよく伝わる出演であった。

文=「ロコレ」編集部

イ・ジュンギが演じた光宗(クァンジョン)は凄い王だった!

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

イ・ジュンギがこだわる流儀は「イメージ管理をしないこと」!

フジテレビ系の『TWO WEEKS』の本家はイ・ジュンギ!

イ・ジュンギも巻き込まれたブラックリスト問題の結末は?

イ・ジュンギが『無法弁護士』で惚れ惚れする演技とアクションを見せる!

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る