パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ボゴムは本当にマルチな才能を持っている。ドラマ『ボーイフレンド』の放送が終了したあとの彼は、歌手の活動でアジア各地を回り、7月以降は映画『徐福』の撮影に集中している。とにかく、最近のパク・ボゴムはエネルギッシュだ。




映画の鍵を握っている

パク・ボゴムは『ボーイフレンド』の放送終了後の2月3日に、さいたまスーパーアリーナで開催されたファンミーティングですばらしいパフォーマンスを見せた。また、シングル『Bloomin’』で日本でも颯爽と歌手デビューを果たしている。
さらに、アジア各地でステージを披露して熱狂的な歓迎を受けた。
そのように多彩な活動をしたあと、パク・ボゴムは7月から8月上旬にかけては映画『徐福』の撮影に集中している。
この映画は不思議な作品だ。なにしろ、クローン人間というのが大きなテーマになっている。
パク・ボゴムが演じるのは、末永い生命力を持った人類初のクローン人間。その名も徐福である。
複製として作られたこのクローン人間をめぐっては、様々な人間たちが欲望をむきだしにしていく。




その果てに起きる数々の事件……みんなが狙うのがパク・ボゴムが演じる徐福なのだ。
まさに、パク・ボゴムの演技が映画の鍵を握っている、と言える。
(ページ2に続く)

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る