『新聞記者』に主演のシム・ウンギョンの傑作は『怪しい彼女』!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本で公開されて大きな注目を集めた映画『新聞記者』。ずっと日本語で主役を務めたのが韓国女優のシム・ウンギョンだった。彼女が日本で知名度を高めたのは、何と言っても『怪しい彼女』であった。

不思議なストーリー

韓国で2014年に公開された映画『怪しい彼女』。その中で、女優のシム・ウンギョンが見事な演技を披露していた。
その映画のあらすじは次のとおりである。
70歳のオ・マルスン(ナ・ムニ)は、家族と騒がしい毎日を送っていた。女手一つで息子を育てたことを自慢していた。
しかし、彼女は頑固な性格と口が悪いことから近所でも有名であり、一人息子の嫁からは煙たがられていた。
ある日の夜、マルスンは孫のジハと夕食を食べる約束をした。その約束した場所に向かう途中、偶然見つけた写真館に入って写真を撮ってもらうと不思議なことが起こった。
なんと、マルスンは20歳の女性に若返っていたのだ。
これには本当にビックリだ。




最初は戸惑いを隠せなかったマルスン。
しかしながら、自分の大変化に次第に慣れてくると、オ・ドゥリと名乗り、自分が20歳のときにできなかったことを楽しむようになった。
(ページ2に続く)

映画『新聞記者』で主役を演じたシム・ウンギョンの演技は?

この映画を待っていた!シム・ウンギョンと松坂桃李が主演の『新聞記者』

シム・ウンギョンとダブル主演となった松坂桃李は『新聞記者』で何を演じたのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る