イ・ソジンが『イ・サン』で見せた最高のアドリブとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2007年に韓国で放送された時に最高視聴率38・9%を記録した『イ・サン』。あまりの人気の高さに、当初は全60話の予定を全77話まで延長したほどだった。この傑作で、主役のイ・ソジンが披露した抜群のアドリブを紹介しよう。




イ・ソジンの提案

『イ・サン』は、朝鮮王朝518年の歴史の中で特に波乱万丈な生涯を送った22代王・正祖(チョンジョ)を克明に描いたドラマだった。
それなのに、タイトルを王の尊号「正祖」でなく、本名の「イ・サン」としたのは、イ・ビョンフン監督が、「人間としての正祖を描きたかった」という理由からだ。
そのイ・サンに扮したイ・ソジン。このドラマが大成功したのも、イ・ソジンの演技力の賜物であった。
なによりも、イ・ビョンフン監督が正祖の役にイ・ソジンを抜擢した理由は、彼の持つ多彩な表現力なら正祖の人生をイメージ豊かに甦らせることができると考えたからだ。その予想は見事に的中したが、撮影中、イ・ビョンフン監督もビックリするほどのアドリブをイ・ソジンが見せている。
今回はその詳細を紹介しよう。
まずは、幼なじみの親友パク・テス(イ・ジョンス)が武科の試験に合格し、それを正祖が祝福するシーンだ。




イ・ソジンは「自然なアドリブを入れていいですか」とイ・ビョンフン監督に尋ねた。監督は、不安を覚えながらも承諾した。
すかさず、パク・テスに向かって振り返ったイ・ソジンは、なんと、そこでパク・テスに「ウインク!」をしたのである。
(ページ2に続く)

イ・ソジンが語ると『イ・サン』がさらに面白くなる!

イ・ソジンの主演によって『イ・サン』は名君の一代記として成功した!

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(前編)

イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(前編)

傑作『イ・サン』の主役にイ・ソジンが選ばれた理由とは?

『イ・サン』でイ・ソジンが見せたセンス抜群のエピソードとは?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る