チ・ジニは時代劇について何を語ったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『宮廷女官 チャングムの誓い』や『トンイ』などの人気時代劇で堂々たる演技を見せたチ・ジニ。時代劇で活躍する人気俳優が、役づくりなどについて大いに語ってくれた(インタビューは2013年に行なわれています)。




演じることが楽しい

――時代劇が終わるたびに「もう時代劇はやりたくない」とインタビューでおっしゃっていましたが、また時代劇のオファーがあれば出演されますか?
「はい、その通りです(笑)。イ・ビョンフン監督は台本が遅れ、長く撮影することで有名でした(笑)。やはりそういう撮影になりましたので、すごく苦労しましたし、大変だったので、もう時代劇はやりたくないと思っていました(笑)」
「『トンイ』の時もそうでしたが、今までの王様のイメージと異なる役でしたのでオファーを受けました。そして、『大風水』のイ・ソンゲ(李成桂)の役がとても魅力的だったので、時代劇であっても、この機会を逃したら、もう出会うことができないだろうと思い、オファーを受けました」
「苦労することもそうですが、あまりに時代劇ばかりだとイメージが固まってしまうので、当分時代劇はやらないと思います。でも、もしも日本で時代劇のオファーがあれば挑戦したいですね(笑)」
――『大風水』では乱世の英雄イ・ソンゲの役で、強靭な肉体美あふれる魅力的なキャラクターを好演されましたが、アクションなども含めて役作りで楽しんだ点があれば教えてください。




「基本的に、演じることがとても楽しかったです。イ・ソンゲという人物は将軍から王様になるまで、時代によって変化するキャラクターでもあったので、そういった部分も楽しむことができました」
(ページ2に続く)

いま読みたい!人気俳優物語3

いま読みたい!人気俳優物語4

朋道佳のイチオシ2『愛人がいます』

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(19代王・粛宗編)

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(前編)

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第1回)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る