光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近は韓国時代劇で取り上げられることが多い光海君(クァンヘグン)。朝鮮王朝の歴代王の中でも、現在の韓国で特に関心を持たれている。結果的に王宮を追放されたこの国王は、どんな人生を歩んだのだろうか。

写真=MBC公式サイトより

燕山君と何が違うのか

1392年から1910年まで続いた朝鮮王朝。518年の間に27人の王がいたが、その名に「君」がついているのは2人だけである。10代王の燕山君(ヨンサングン)と15代王の光海君(クァンヘグン)だ。
実は、王の名は死後に贈られた尊号なのだが、クーデターで王座を追われた王にだけは尊号がつかなかった。




よって、王子のときの名がそのまま今も通称名となっている。
「王座を追われた」と言うと、よほどの暴君だったと印象づけられる。事実、燕山君は朝鮮王朝でも最悪の暴君で、非道のかぎりをつくした。
しかし、光海君はそうではなかった。それなのに、なぜ王宮から追放されなければならなかったのか。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

朝鮮王朝の怪物国王!光海君(クァンヘグン)

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

光海君(クァンヘグン)の妻と息子夫婦は悲惨な最期を遂げた!

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る