日韓の二千年の歴史5/蘇我氏の天下

このエントリーをはてなブックマークに追加

 




推古天皇の即位

物部氏が滅び、蘇我馬子(そがのうまこ)には、もう誰も逆らえなくなった。
たとえ、天皇でさえも……。
ただし、用明天皇の後を継いだ崇峻天皇は少なからず蘇我馬子に反感を持っていた。
たまたま、猪を献上した者がいた。
その猪を見ながら、崇峻天皇は、
「猪の頸を斬るように、憎い人間を斬ってみたいものだ」
と口走った。
この発言を人づてに聞いた蘇我馬子は、天皇に嫌われていると悟った。さらには、天皇の周囲で武器を集めているという情報を得た。
「先に動かなければ、こちらがつぶされる」
危機感を持った蘇我馬子は、592年11月に崇峻天皇の命を奪った。空いた皇位に上がったのが推古天皇である。




この即位にともなって推古天皇の甥にあたる聖徳太子(厩戸皇子)が抜擢されて、摂政を担うことになった。
この聖徳太子と推古天皇は蘇我氏の血を受け継いでおり、最高執政官となる大臣(おおおみ)は蘇我馬子だった。
(ページ2に続く)

日韓の二千年の歴史6/善光寺の絶対秘仏

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

韓国はなぜ日本の植民地になったのか/一問一答編1

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国はなぜ分断国家になったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る