『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!/トッケビ再読7

このエントリーをはてなブックマークに追加

巧みなサイドストーリー

俳優としていくら意識しても、こんな愉快な雰囲気は簡単に出せるものではない。やはり、2人が持っている相性の良さが絶妙に組み合わさって、漫才のような打ち解けた場ができあがるのだろう。いがみあっているのは事実なのだが……。
『トッケビ』のメインのストーリーは、コン・ユ演じるキム・シンとキム・ゴウンが扮するウンタクが、時空を超えた存在同士としてどのようなラブストーリーを展開していくか、ということ。これが本筋だ。




しかし、傑作になればなるほど、サイドストーリーというものが重要になってくる。そして、物語の前半で見事なサイドストーリーを作っていったのが、キム・シンと死神の奇妙な同居生活だった。
そういう意味でも、コン・ユとイ・ドンウクが2人で演じる余興的な場面が、『トッケビ』をより一層盛り上げて、視聴者をグイッと引きつけていた。
本当に、うまく作られたストーリーだ。それと同時に、コン・ユとイ・ドンウクの演技の力に心から感心してしまう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コン・ユが主演した『トッケビ』は現代と過去が交差する珠玉の物語!

『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

『トッケビ』に主演したコン・ユにとって「最良の年」とは?

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

コン・ユ主演の『トッケビ』を韓国の視聴者はどう評価したのか

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る