日本と違う韓国のビックリ28

このエントリーをはてなブックマークに追加

母の後輩たち

値段を聞いてみると、5万ウォン(約5千円)だという。
私は苦笑いを浮かべながら、「5万ウォン? 小食だから2万ウォンのでいい」と言っておく。
相手はちょっとあきれた表情でたらいの中から小さいアワビを取り出し、まないたの上で手際よくさばくと、白い皿に盛って手渡してくれる。
焼酎を飲みながらアワビの刺身を食べる。




固くてコリコリしていて容易に噛み切れないが、口の中に潮の香りが満ちて、舌に独特なヒンヤリ感が漂う。
うまく噛み切ると、コロッと身が裂けていき、あっさりした味わいが舌に残る。この食感の良さがアワビ人気の秘訣なのか。
アワビだけでなく、タコ、サザエ、ホヤなども美味しい。
海女が採ってきたばかり……と思うと、さらに味わいが深くなる。母が海女をしていた頃から80年以上も過ぎたが、済州島の海女は今も元気に海に潜っている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

日本と違う韓国のビックリ

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本と違う韓国のビックリ(2)

日本と違う韓国のビックリ(3)

日本と違う韓国のビックリ26

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る