黄金の10年を経たコン・ユ!『コーヒー』から『トッケビ』への道/トッケビ再読4

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コン・ユにとって『コーヒープリンス1号店』は俳優として出世作となった作品だった。その記念すべき作品からほぼ10年を経て主演したドラマが『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』である。2つの作品を比べると、どんなことに気づくだろうか(2018年6月7日に『ロコレ』に掲載された記事を再掲載しています)。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




印象的だった場面を語る

『コーヒープリンス1号店』が韓国で放送されたのは2007年だった。
このドラマは物語の設定が絶妙だった。イケメン男性しか採用しないカフェで男装した女性が働くという話。既存のラブストーリーとは一味違う内容が視聴者に大いに受けていた。
コン・ユが演じたのは、資産家の長男として生まれながら父の不倫に苦しめられたハンギョルという男性の役だった。彼は、ボロボロのカフェをまかされることになり、人気を呼ぶためにイケメンばかりを集めることにした。そこに、男装したウンチャンが入ったことで、様々な騒動が起こった。
そのウンチャンを演じたのが、ユン・ウネだった。




コン・ユは、『コーヒープリンス1号店』で特に印象的だった場面について次のように語っていた。
「僕が演じたハンギョルが、ウンチャンを男だと知りつつ告白するシーンに、妙なドキドキ感がありました」
(ページ2に続く)

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』は絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る