非道な王位強奪を強行した世祖(セジョ)/朝鮮王朝人物実録10

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝鮮王朝最高の名君と称された4代王・世宗(セジョン)の長男が世子(セジャ)となり、二男の首陽(スヤン)大君には王になる望みがなかった。しかし、野心家の彼はあきらめなかった。その末に、起こったのが王位強奪事件であった。

写真=植村誠




甥を脅かした叔父

世子は1450年に即位して5代王の文宗(ムンジョン)になったが、わずか2年3か月の在位で亡くなった。
学識に優れていた上に温厚な性格だったので、その死を誰もが惜しんだ。
後継者は文宗の長男で、1452年に端宗(タンジョン)として即位した。
まだ11歳だった。文宗は亡くなるまで端宗のことを心配していて、しっかり守ってくれるように側近たちに頼んでいた。
その側近たちがもっとも警戒したのが首陽大君だった。彼は幼い王を補佐するという名目で、王権にことごとく干渉してきた。
そして、ついに「陰謀の嫌疑あり」という理由で端宗の側近たちを次々に殺害。端宗に対しても強圧的な態度を取ってきた。




24歳も上の叔父におどかされて、ついに端宗は首陽大君に王位を譲らざるをえなくなった。こうして首陽大君は1455年に7代王の世祖(セジョ)になった。
しかし、世祖への風当たりは強かった。
「泥棒のように王位を奪った」
世間ではみんながこう噂した。
(ページ2に続く)

世祖(セジョ)はなぜ朝鮮王朝でも評判が悪いのか

晩年に悲劇続きだった世祖(セジョ)は因果応報だったのか

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(6代王・端宗編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(死六臣編)

光海君(クァンヘグン)の栄光と転落/朝鮮王朝人物実録1

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る