朝鮮王朝の裏面史をドロドロに飾った王妃たち

このエントリーをはてなブックマークに追加

王妃は40人以上

世子嬪は夫が王になったときに、すぐに王妃に冊封されます。彼女たちは「国母(クンモ)」と呼ばれ、朝鮮王朝のファーストレディになります。
朝鮮王朝では王が絶対君主として統治するといっても、裏では王妃がかなりの権力を持っていました。
なお、朝鮮王朝時代の王は27人でしたが、王妃は40人以上いました。当時は一夫一婦制でしたが、王妃が亡くなると王はかならず10代の娘を再婚相手に選ぶという決まりがありました。
たとえば、ドラマ『イ・サン』に登場した21代王の英祖(ヨンジョ)の場合、最初の貞聖(チョンソン)王后と長い夫婦生活をおくりましたが、王妃が先に亡くなると、還暦を過ぎていながら10代の娘と結婚することになります。その相手が貞純(チョンスン)王后です。
この王妃はかなり曲者(くせもの)で、後には朝鮮王朝の歴史を揺るがす悪政を行ないます。
実際、朝鮮王朝では王妃が実権を握ると政局が乱れて、さまざまな事件が起こります。それが今では韓国時代劇のネタになっています。
やはり、朝鮮王朝を王の立場だけで見ても、実態を正確にはつかめません。王妃という存在が、王宮の裏面史をドロドロに飾っているのです。




〔新刊情報〕
書名/『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』
発行/実業之日本社
価格/900円+税

〔内容〕
第1章 韓国時代劇の人気作品で一挙に把握!朝鮮王朝の歴史とエピソード
第2章 韓流時代劇を見るときに必読!「朝鮮王朝の歴史/簡潔編」
第3章 朝鮮王朝をより深く知るための重要な歴史知識
第4章 これが韓国時代劇の主人公たちの実像!
第5章 韓国時代劇の最強ネタは「朝鮮王朝三大悪女」!
第6章 朝鮮王朝を揺るがせた重大事件の張本人
◆資料 歴代国王一覧・歴代王妃一覧・朝鮮王朝年表・人名事典・用語事典

〔著者〕
康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化や日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『ヒボン式かんたんハングル』『悪女たちの朝鮮王朝』『韓流スターと兵役』『朝鮮王朝と現代韓国の悪女列伝』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

張禧嬪(チャン・ヒビン)はワガママ粛宗(スクチョン)の犠牲者の1人!

今の韓国で朝鮮王朝は「思い出の揺りかご」なのか?

なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后を物語る赤いチマ岩の伝説とは?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る