韓国でよくある「ひったくり?」と勘違いされる行為とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国でよくある光景の1つ……電車やバスで座っている人が、目の前に立っている人の荷物をいきなり取ってひざの上に置くことがあります。本当に素早い動きなのですが、座っている人がそういう行動に出る真意は?

相互扶助の精神

電車やバスの中で荷物を持って立っていると、目の前に座っている人がいきなりその荷物をつかんで自分のひざの上に置くというこの行為……初めて体験する人にとっては、「ひったくり?」と勘違いしてしまいそうですが、少しでも荷物を持っている人の負担を減らしてあげようという良心によるものです。




儒教の考え方が生活の隅々に浸透している韓国では、相互扶助の精神をとても大切にしています。
これは主に親族の間で互いに助け合うという意味合いが強いのですが、高齢者、女性、子ども、弱者に対しても親切心が働きます。この相互扶助の精神が、立っている人の荷物を持ってあげるという行為に表れています。
ちなみにバスの場合は、単なる善意だけでなく、「相手の身を考えて」という切実な面もあります。
(ページ2に続く)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る