韓国ドラマによく出る「海外養子」とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本で韓国ドラマを見ていると、ちょっと事情がわからないこともある。その1つが海外養子ではないだろうか。韓国のドラマには海外養子の話がよく出てくるし、海外に渡った養子が帰国してドラマの登場人物になることもある。そこで、韓国の養子事情について見てみよう。

写真=植村誠




1年間に1万人

日本では国内の養子縁組が主で、海外にまで養子を出すという話はあまり聞かない。
しかし、韓国ではかつて、国内より海外のほうに養子を出す例が圧倒的に多かった。
その理由は何なのか。
当時の時代背景が大きく影響していた。
実は、韓国で海外に養子が出されるようになったのは、1950年に始まり1953年に休戦となった朝鮮戦争以降のことだ。
そのときは、戦争孤児になってしまった子供や米軍兵との間に生まれた子供が対象となっていた。




また、経済的にも貧しかった当時は捨て子も多く、そういった子供たちがアメリカやヨーロッパなどの海外に養子に出されていた。
1950年代には、年間で1万人を越える養子が海外に渡ったという。
これほど多かったのだ。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る