コン・ユが導く『トッケビ』の世界が人間の生死を乗り越えていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

主要な3人

一度目は種を植え、二度目は水をやり、三度目に収穫して、四度目に食べる……。
それはすなわち、人間が「生」と「死」が交差する世界を何度も往来することを意味している。
つまり、「死」は終わりではないのだ。
次に生まれ変わるための始まりなのだ。
それを象徴するのが死神の存在だ。




死神は死にゆく人々を天界に導く役割を持っているのだが、決して悲観的な存在ではない。どことなくコミカルで、愛着すら感じてしまう。つまり、死神こそが「死」が終わりではなく始まりであることを如実に示していた。
こうして『トッケビ』の主要な3人が出そろった。
演じる俳優が絶妙だ。
キム・シンに扮しているのがコン・ユ。
ウンタクを演じているのがキム・ゴウン。
死神にはイ・ドンウクが成りきっている。(ページ3に続く)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!

今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

https://goo.gl/qeh7mt

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る