イ・ヨンに成りきったパク・ボゴムの温かい人柄を実感!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

記者会見というのは、ある意味では俳優にとって厳しいステージだ。ドラマや映画なら演技だけで見せられるが、記者会見ではありのままの姿が出てしまう。しかし、11月16日のパク・ボゴムは好感度がグッとアップした。

時代劇によく合っていた

『雲が描いた月明り』がテレビ東京で放送されるにあたって開かれた記者会見。パク・ボゴムは実に謙虚な姿を見せて、記者たちの間でも評判がとても良かった。
しかも、話が長くなると、いったん会話をとめて、通訳の人が話しやすいように間をあけていた。それも自然な姿で……。このように、配慮が行き届いていた。
話の中身も通り一遍ではなく、面白い話が多かった。たとえば、『雲が描いた月明り』の撮影当時のエピソードについて披露してくれた。




「同世代の共演者が集まった撮影現場だったので、集まるとみんなで笑うことがたくさんありました。笑いすぎたり騒いでいたりしてNGを出してしまったということもあり、監督さんに怒られました」
「僕もNGを少し出してしまいました。この作品でのセリフというのは、簡単に覚えるのが難しい政治的な専門用語が多く使われていたので、そのセリフを熟知することが大変でした」
パク・ボゴムはこう語ったが、彼は時代劇によく合っていた。特に、韓服を着る姿が凛々しかった。(ページ2に続く)

『雲が描いた月明かり』の時代1【主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?】

イ・ヨンを演じたパク・ボゴムが『雲が描いた月明り』を語る

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

https://goo.gl/BtZmbd

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

https://goo.gl/zf3dvA

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る