新作も決定!ソ・イングクの新たな俳優活動に期待する

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ケーブルチャンネルのtvNで今年下半期に放送予定のドラマ『空から降る一億の星』。その主役になったのがソ・イングクだ。現役兵として兵役を履行できなかった彼はしばらく休んでいたが、2年ぶりにドラマに復帰して新たな俳優活動を開始する。

復帰に対する反応

ソ・イングクが『空から降る一億の星』で共演する相手役の女優はチョン・ソミンに決定した。
チョン・ソミンといえば、2017年に韓国で大ヒットした『お父さんが変』で重要な役を演じて評価を大いに高めた。今や「乗りに乗っている」女優だ。このチョン・ソミンとソ・イングクが、『空から降る一億の星』でどんな演技を見せてくれるのか。とても楽しみだ。




ただ、一つ気掛かりなことがある。
韓国の反応を見ていると、「ソ・イングクの復帰が早いのではないか」という声も一部にあるからだ。
そういう懸念が出てしまうのも仕方がない。芸能人の兵役問題は国民全体の関心事なのである。
ソ・イングクは、2017年3月28日に兵役履行のために入隊したが、すぐに左足首の怪我を理由に帰宅命令を受けた。(ページ2に続く)

ソ・イングク!兵役問題を乗り越えてドラマに復帰

解説!ソ・イングクの心境告白コメントを読み解く

ソ・イングクが受けた兵役判定の「5級」とは何か?

ソ・イングクの兵役で今後予測できることは?

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る