来日したパク・ヘジン!爽やかに主演映画を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

6月6日の夕方、東京のめぐろパーシモンホールのステージにパク・ヘジンが登場した。主演した映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』の舞台挨拶だった。彼は爽やかに主演映画について語った。その発言の詳細を紹介しよう。

いつも瑞々しい

驚いた。35歳になったという。
目の前にいるパク・ヘジンは、新人の頃と変わらないほどに若々しい。『噂のチル姫』でデビューしてから12年。彼は一作ごとに俳優として着実な成長を見せながら、かもしだすイメージはいつも瑞々しい。
それが、多くのファンを引きつけている要因だろう。
映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』の舞台挨拶での一問一答は次のとおり。




――久々に日本に来られましたが、今のお気持ちをお聞かせください。
「久々に日本の大勢のファンのみなさまにお会いすることになりました。実は、これほど大勢の方が来てくださるとは思っていませんでした。久し振りで緊張しています。しかも、出演作を持ってファンのみなさん、観客のみなさんにお会いするということで感慨深い気持ちです」
「作品というのは、いつも撮り終えた後にどこかしら残念だなあという思いが残ってしまいます。僕が出演したどのドラマもそうですね。この『チーズ・イン・ザ・トラップ』もそうです。そして、今は『四子(サジャ)』というドラマを撮っているのですが、きっと撮り終えたらまた残念な気持ちが残るかもしれません。でも、その思いが僕だけだったらうれしいです」
――パク・ヘジンさんが演じるユ・ジョンの魅力は何だと思いますか。
「僕自身はその魅力というのはよく知っているのですが、ご覧になった方はその内面の魅力に気付かないかもしれません。その、なかなか見えない魅力というのが彼の一番の魅力だと思います」(ページ2に続く)

黄金の10年を経たコン・ユ!『コーヒー』から『トッケビ』への道

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る