『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

このエントリーをはてなブックマークに追加

漫才のような主役カップル

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




『トッケビ』の中で数々の名場面となっているのが、キム・シンとウンタクがお互いに負けまいとして言い争う場面だ。
ウンタクが攻めに攻めてキム・シンが守勢に回るケースが多いのだが、「ああ言えば、こう言う」という感じのウンタクの速射砲のような言葉の連続は、見ていても歯切れがいい。だからこそ、キム・シンはムキになって言葉で対抗していくのだが、やはりウンタクに勝てる男はいない。
あげくの果てに、「売り言葉に買い言葉」でキム・シンは自分がウンタクの彼氏になりたいということを告白せざるを得なくなって、自分の心の変化にビックリしてしまう。
このあたりの2人の掛け合いは、まさに『トッケビ』の真骨頂である。




謎めいたストーリーや美しい風景や叙情的な場面に心が惹かれるが、やっぱり一番面白いのは漫才のような主役カップルの言い争いだ。
それを演じているコン・ユとキム・ゴウンの演技力には、心から感心してしまう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』は絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る