朝鮮戦争はどんな戦争だったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国軍が参戦

アメリカ軍を中心とする国連軍は、1950年9月15日に仁川(インチョン)上陸作戦を敢行した。
これは、日本占領軍トップのマッカーサー元帥が韓国軍の窮地を救うために発案した危険な賭けであったが、作戦は成功し、朝鮮戦争の戦況は一変した。
国連軍はソウルを奪回したあとに北上。北緯38度線を越えて、一時は北朝鮮軍を中国国境近くまで追い詰めた。
危機を感じていた中国は軍事介入の可能性を示唆していたのだが、国連軍最高司令官のマッカーサー元帥は「中国軍の参戦はない」と見なしていた。




しかし、彼は判断を誤った。10月25日に中国軍が参戦して国連軍と激しい戦闘状態に入った。
国連軍は大敗して後退。1951年1月4日には中国・北朝鮮軍の反攻によって再びソウルを奪われるという屈辱を喫した。
ソウルを撤退するとき、国連軍は軍事施設だけでなく有益な私有施設まで焼き払った。その結果、ソウルは廃墟と化してしまった。
戦力を立て直した国連軍がようやくソウルを奪い返したのが3月15日だった。しかし、マッカーサー元帥が原爆の使用をトルーマン大統領に進言。指導力に疑問符がつけられた彼は、4月11日に国連軍最高司令官を解任させられた。
一切の職を解かれたマッカーサー元帥。日本の占領政策を主導してきた彼は、解任によって寂しく本国に帰還することとなった。
結局、朝鮮戦争は北緯38度線あたりで膠着状態に陥った。(ページ3に続く)

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国はなぜ分断国家になったのか

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔1〕

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る