朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔2〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

儒学者たちの交流

朝鮮通信使に帯動した画家も、日本の絵画に大きな影響を与えた。
その一方で、日本の町絵師たちも競って、朝鮮通信使の行列風景を題材にしており、朝鮮通信使来朝図は庶民の間で飛ぶように売れたという。
現在でも50種類以上の行列図が残っており、往時の人気をしのばせている。「言葉」とは違って「絵」は共通の表現手段だけに、さぞかし両国の画家たちは忌憚なく交流を深めることができただろう。




こうした日本の熱狂的な歓迎風景の中でも、特に強い影響を受けたのは、日本の儒学者たちであった。彼らは、儒教が浸透している朝鮮王朝の学者に教えを請うという気持ちで面会を求めた。
また、漢文についても、朝鮮王朝の専門家に添削をしてもらうというのが一種の流行になっていた。
文書の起草を担当する製述官のもとには、数多くの知識人が集まってきた。それゆえ、朝鮮王朝は製述官には特に文才に長じた人物を厳選した(第3回に続く)。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔1〕

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔3〕

世界遺産となった朝鮮通信使とは何か

明治維新150年!当時の日韓関係は?

ページ:
1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●兵役

・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識

●雲が描いた月明り

●平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る