イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

このエントリーをはてなブックマークに追加

からだを鍛える部隊

イギジャ部隊の新兵教育隊に入ると、通常の5週間の新兵訓練をこなすのだが、特に重視されているのが行軍だ。
行軍というのは、重い荷物を持って何10キロも夜を徹して歩き抜くというイメージが大変強い。それは間違いない。
そして、イギジャ部隊も軍務の性格上、この行軍を速やかに確実にやるということが重要な任務になっている。
しかも、守っている地域は山岳地帯だ。




上り坂が多い場所で、重い荷物を持って長い距離を歩く必要があるので、他の師団に比べると隊員には体力が要求される。
イギジャ部隊の訓練がかなりきついと言われてしまうのも、そういう戦略的な事情があるのだ。
それだけ新兵教育の段階から体力トレーニングが多くなる。
「イギジャ部隊でからだを鍛えられた」
除隊した人はよくそう言う。新兵たちも、ケガに注意して5週間の訓練を無事に全うしてほしい。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化・社会や日韓関係を描いた著作が多数。韓国の兵役も長く取材を続けてきた。主な著書は『韓流スターと兵役』(光文社新書)。

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな訓練をするのか

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな毎日を過ごすのか

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る