白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

兵士同士の連帯感が強い

兵役で陸軍に入ると、新兵教育を受けるルートが2つある。
多くの新兵が入るのが韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所で、ここで5週間の訓練を行なった新兵は、次に各地の師団に配属されていく。
しかし、陸軍訓練所に行かずに直接、師団の新兵教育隊に入所する場合もある。そうした師団の新兵教育隊の中で特に有名なのが、白骨部隊の新兵教育隊だ。




白骨部隊は、戦争の際にソウルを防衛するための大事な拠点となるので、精鋭の兵士を集める必要がある。それだけ、訓練が徹底している。
「白骨部隊に入ったら軍務が厳しい」
それは確かなのだが、得るものも大きい。
団結力を重視する白骨部隊の伝統で、特に兵士同士の連帯感が高まって「生涯の友」に出会うという。
しかも、白骨部隊で軍務を全うすると、自分自身に大きな自信になるし、除隊後も社会で一目置かれるようになる。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

白骨部隊(第3師団)がある鉄原(チョロン)はどんな所なのか

兵役中のG-DRAGONの月給は最初が3万円余!

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな訓練をするのか

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな毎日を過ごすのか

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る