今年も芸能界は兵役ラッシュ!ファンがぜひ覚えておきたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年になってからも、芸能界では次々に兵役入りする芸能人の予定が伝えられている。自分が憧れているスターも、これからは兵役によって芸能活動に空白が生まれる。その際に、ファンはどんなことを覚えておけばいいだろうか。

写真=韓国陸軍公式サイトより

どんな兵役を行なうのか

スターが兵役に入る場合、まず気になるのが兵役期間である。
現在の兵役法によると、兵役期間は陸軍と海兵隊が21カ月、海軍が23カ月、空軍が24カ月となっている。芸能人の場合はほとんどが陸軍に入るので、21カ月と覚えておけばいいだろう。
仮に今年の4月1日に入隊したとすると、来年の12月31日が除隊日になる。これでぴったりと21カ月になる計算だ。
なお、兵役履行にもいろんな種類があり、軍に入隊する場合もあれば義務警察に行くこともあり、社会服務要員になるケースもある。




もちろん圧倒的に多いのは軍に入ることであり、その際には最初に5週間の新兵訓練を受ける。ここで、軍人としての心構えや基礎的な射撃などをみっちりと仕込まれる。この5週間の新兵訓練が終われば、各師団に配属されて兵役の終わりまで軍務に就くことになる。
また、軍に入隊する代わりに義務警察になる選択肢もある。しかし、義務警察は希望者が多いので、試験に合格しなければならない。
義務警察に入ると、韓国各地に10カ所くらいある地方警察庁に所属する。そこで広報団に入れば、学校を回って校内暴力やいじめの撲滅に関する啓発キャンペーンを行なったりする。その際には歌やダンスを披露する機会が増える。それだけ芸能人が特技を生かせるという利点がある。(ページ2に続く)

超解説!社会服務要員とは何か?

社会服務要員と義務警察の違いを解説!BIGBANGのT.O.Pの兵役変更問題

韓国の兵役法は社会服務要員をどのように規定しているか

社会服務要員の気になる給料は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る