パク・ボゴムにとって2017年はどんな年だった?

このエントリーをはてなブックマークに追加

期待が高まる次回作

パク・ボゴムは率直に語った。
「日本のみなさんは、とても優しくて温かいと感じました。お互いを尊重しあって気遣っている姿にとても感動しました」
とても謙虚で相手を気遣うパク・ボゴムだからこそ、彼はいろいろと細かいことに気づくのだろう。
ファンミーティングだけではない。




2017年には『雲が描いた月明り』のDVDが日本でもリリースされ、地上波でも同ドラマが大々的に放送された。
そういう意味でも、2017年はパク・ボゴムがスターとしての存在感を飛躍的に高めた年になった。
現在の韓国芸能界では、20代後半から30代にかけての主演クラスの俳優が続々と兵役入りしている。それだけ、主役俳優が足りなくなっているのだ。その空白を埋める候補の筆頭が、間違いなくパク・ボゴムになるだろう。
本当に次回作が待ちどおしい。同時に、2018年のパク・ボゴムの活躍を大いに期待したい。

文=「ロコレ」編集部

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

https://goo.gl/4u6Pfw

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

https://goo.gl/6e9Syy

〔物語〕イ・ヨン(孝明世子)はどれほど優秀だったのか?

https://goo.gl/YJNcxT

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

https://goo.gl/nMg7Lc

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る