韓国の兵役は時代の流れでどう変わったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あこがれの韓流スターがこれから兵役に行く予定がある場合、ファンはかならず韓国の兵役問題に関心を持ちます。しかし、日本には兵役がないので、具体的なことがよくわかりません。実際、韓国の兵役制度はどのように変わってきたのでしょうか。

写真=韓国陸軍公式サイトより

兵役免除率は5%

韓国の兵役問題で大きな節目になったのが2000年です。
その前の1997年12月に大統領選挙がありました。
このときに李会昌(イ・フェチャン)という候補が大変有力で、「この人が大統領になるだろう」と言われていました。
その李会昌の息子2人が体重不足を理由に兵役に行っていない、という事実が明らかになりました。今はないのですが、当時は43キロ以下は行かなくてよかったのです。それは意図的な兵役逃れだ、ということで糾弾されて、李会昌は選挙に落選してしまいました。兵役という問題が、大統領選挙まで左右したのです。




兵役が公平になされているかを見直そうという風潮になり、2000年頃から、選挙に出る人は自分と息子の兵役の有無をはっきりと公示するシステムになりました。結局、2000年以降、著名人が兵役にちゃんと行っているかどうかという視線が厳しくなったのです。
そのときに調べたら、一般の人の兵役免除率は5%でした。大体20人に1人が兵役免除になっています。
ところが、財閥役員・国会議員・弁護士の息子とか、特権階級の息子になると、それが30%に跳ね上がるのです。なんと6倍です。これは明らかに、特権を使って兵役を逃れている人がいるとしか考えざるをえません。(ページ2に続く)

韓流スターの兵役は入隊までにどんな経緯をたどるのか

現役兵を除隊しても兵役はまだ終わらない

大統領公約の「兵役3カ月短縮」はいつ実現するのか

兵役の基本!ファンもぜひ知っておこう

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る