『雲が描いた月明かり』の時代3【イ・ヨン(孝明世子)とホン・ラオンの関係は?】

このエントリーをはてなブックマークに追加

縁があってこその登場

もう1人、イ・ヨンとホン・ラオンの2人に重要な人物がからんでいた。『雲が描いた月明かり』ではアン・ネサンが演じた丁若鏞(チョン・ヤギョン)だ。
彼はドラマの中で、ホン・ラオンの恩人という設定だった。それだけではなく、イ・ヨンが悩み苦しむときに適切な助言を与える師匠のような役割でもあった。
この丁若鏞は、歴史上でもイ・ヨン(孝明世子)に関係していた。それは、孝明世子の最期の日々のときだ。
史実では、孝明世子が病に倒れたのは1830年の閏4月22日だった。




急に喀血して具合が悪くなった。5月4日になると、さらに病状が悪化した。
5月5日に呼ばれたのが丁若鏞だった。
彼は著名な思想家で名著がとても多かったが、漢方薬についても博学だった。
孝明世子を診察した丁若鏞は、すでに孝明世子の寿命が尽きていることを悟った。
すでに、手の施しようがなかったのだ。そして、丁若鏞に見守られるような形で、孝明世子は5月6日に亡くなった。
最期の日々に丁若鏞が孝明世子のそばにいたという史実は意味深い。『雲が描いた月明かり』に丁若鏞が登場するのも、それだけの縁があったからなのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

https://goo.gl/nMg7Lc

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

https://goo.gl/HsWNJu

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

https://goo.gl/Ce47KG

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

https://goo.gl/f6tgDD

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る