キム・ナムギルの俳優魂が『殺人者の記憶法』でどう変わるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本では、2018年1月27日から「シネマート新宿」ほかで全国ロードショーされる『殺人者の記憶法』。ソル・ギョング、キム・ナムギル、オ・ダルスが出演しており、ミステリアスな展開の中で、スリル満点のシーンが続く。その中で特に注目したいのがキム・ナムギルの演技だ。彼にとって『殺人者の記憶法』への出演は、大きなチャレンジであったことだろう。

演じる必要性

俳優としての知名度が高くなれば、自分にとって安全な役を選ぼうとするのも不思議ではない。ファンが抱くイメージを壊さないように、ごく無難な役をこなしていく俳優も決して少なくない。
しかし、キム・ナムギルは違う。自分が築いてきた存在感をすっかり変えるというのは俳優として危険が伴うものだが、それでも挑戦し続けてきたのがキム・ナムギルの俳優魂だったと言える。




今回の『殺人者の記憶法』でキム・ナムギルが演じたミン・テジュという役は、生半可な気持ちでは演じられない特異なキャラクターである。
「あえて演じる必要がないのでは?」
そういう声もキム・ナムギルの周囲では起こっていたに違いない。しかし、彼は安全な役を続ける俳優ではない。演技の幅を広げるためには何が必要であるかをじかに悟るタイプの人間なのだ。
そこに、キム・ナムギルがミン・テジュを演じる必要性があったと言える。(ページ2に続く)

息もつかせぬ展開!『殺人者の記憶法』が韓国で受けた理由

『ワン・デイ』に主演したキム・ナムギルの演技に魅せられた

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る