キム・スヒョンが入隊したのは最前線を守る第1師団の新兵教育隊!

このエントリーをはてなブックマークに追加

典型的な歩兵師団

第1師団の新兵教育隊に入ったということは、新兵訓練が終わった後もそのまま第1師団で兵役を続ける可能性が高い。
この第1師団は典型的な歩兵師団であり、軍事境界線の西側を守る重要な任務を与えられている。
なにしろ、第1師団が位置している坡州市は軍事境界線を通して北朝鮮に接しているという土地柄なのである。




当然ながら、第1師団で軍務を続けると、警戒勤務(歩哨)のときに軍事境界線の警備も行なうことになる。
真冬の警戒勤務は寒さと緊張感で最も過酷に感じる軍務と言われているが、キム・スヒョンもこの冬にはそれをこなしていくかもしれない。そうなれば、厳しい軍務の経験は芸能界に復帰したあとも大いに生かされていくだろう。
なお、キム・スヒョンの除隊は2019年の7月22日になる。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

続々と入隊する韓流スターに贈る言葉!

兵役と韓流スター!基本解説1

ぜひ知っておきたい「兵役の基本知識」

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る