キム・スヒョンが入隊したのは最前線を守る第1師団の新兵教育隊!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

俳優のキム・スヒョンが、10月23日に兵役入りした。新兵訓練を受けるのは、京畿道(キョンギド)の坡州(パジュ)市にある第1師団の新兵教育隊である。ここでキム・スヒョンは5週間の新兵訓練を受けてから本格的な軍務に就く。

強靱な精神力で乗り切っていく

キム・スヒョンが入隊した坡州市の新兵教育隊は、第1師団に所属している。
第1師団というのは、朝鮮戦争以前から韓国軍に創設されていた最も由緒ある師団であり、現在は首都ソウルを守る最重要な防衛部隊として、軍事境界線に近い坡州市に駐屯している。




キム・スヒョンはまず、4日ほどの準備期間中に健康診断を受けたり軍需品の支給を受けたりする。
そうした準備を経て、本格的に新兵訓練に入っていく。
キム・スヒョンとしても、10歳近く年下の若者たちと一緒に同じ新兵訓練のメニューをこなしていくので、体力的にもかなり疲労するのは確かだが、強靱な精神力で乗り切っていくことだろう。
なにしろ、これまでに過酷な撮影に耐え抜いた体力と精神力を持っている。それがキム・スヒョンの強みでもあるのだ。(ページ2に続く)

続々と入隊する韓流スターに贈る言葉!

兵役と韓流スター!基本解説1

ぜひ知っておきたい「兵役の基本知識」

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る