人の名を呼ぶときに韓国でしてはいけないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

病院の待合室など特定の場所以外では、日本で相手をフルネームで呼ぶことはあまりないのですが、韓国ではいろいろな場面でフルネームが使われます。それは、韓国には同じ名字の人があまりに多いからです。

「名字+さん」は言わない

韓国には金(キム)、李(イ)、朴(パク)など、同じ名字を持つ人がたくさんいます。わかりやすくいえば、同姓ばかりなのです。
そういう事情があるので、レストランが混雑していて「待ち」の予約を入れるときでも、必ずフルネームを伝え、店員はそのフルネームでお客を呼び出します。
また、ビジネスの世界で役職のある人は、「金課長」や「朴部長」のように「名字+役職名」で呼ばれます。




韓国は序列社会なので、役職名はとても尊重されるのです。
そして、相手が目上であれば、役職のあとにかならず「ニム(様)」を付けるようにします。
役職がない社員は「フルネーム+シ(さん)」で呼ばれることが多いようです。ちなみに韓国では「名字+さん」という呼び方はしません。これだと誰のことだかわからず、かえって相手に失礼になってしまうからです。
ですから、韓国に行ったときに「金さん」など「名字+さん」という呼び方をしないように注意しましょう。(ページ2に続く)

ブラックリストに載ったキム・ヨジンが検察の調査に応じた!

韓国の検察がブラックリスト問題で本格的な調査に着手!

韓国は、鼻と目と耳と舌で感じる国だ

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る