韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

創氏改名

大韓民国臨時政府は大衆の広範な支持を集めることができませんでした。内紛が多かったことも組織の拡大につながらず、日本の追及を受けて中国各地に拠点を移さざるをえませんでした。
大韓民国臨時政府とは別に、朝鮮半島北部ではパルチザン活動が局地的に行なわれていました。その中で指導的な立場になったのが金日成(キム・イルソン)でした。
一方、日中戦争が1937年7月に始まると、朝鮮半島は日本軍にとっても重要な拠点になりました。戦火が激しくなると、軍需に不可欠な鉱物資源の採掘が朝鮮半島の各地で行なわれました。




さらに、朝鮮半島の人々を皇民化する動きも加速します。
1939年12月、朝鮮総督府は「朝鮮民事令改正」を発令しました。これは、1940年8月10日を期限として、民衆に日本式の名前への改姓を強制するものでした。いわゆる「創氏改名」です。
朝鮮総督府は、路上や列車内で人々を尋問して創氏改名の実施状況を徹底的に調査しました。
従わない人には多くの罰則が設けられました。(ページ3に続く)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

なぜ国民はあれほど怒ったのか/韓国の今を考える5

6・29民主化宣言から30年!韓国を劇的に変えた市民革命(前編)

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕
●注目の記事
●兵役
・チャン・グンソクの兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・イ・ジュンギ
・防弾少年団
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・七日の王妃
・トッケビ
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・朝鮮王朝人物実録
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●編集部

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る