韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1926年には、朝鮮王朝最後の王だった27代王・純宗(スンジョン)が亡くなりました。6月10日に国葬が行なわれましたが、その際に「独立万歳」を叫んだ学生たちと日本の官憲が衝突しました。再び抗日運動が激化したのです。

800-22

大韓民国臨時政府

1929年、朝鮮半島西南部の光州(クァンジュ)で日本人学生が朝鮮の女学生を侮辱したことがきっかけで激しい抗議運動が起き、1919年の3・1独立運動以来の大規模デモが各地で起きました。
抗議運動だけでなく、独立をめざす闘争も活発になっていきます。
特に大きな組織となったのが、上海にできた大韓民国臨時政府でした。




なぜ大韓民国臨時政府が上海を拠点にしたのでしょうか。
それは、多くの独立運動家が上海に亡命していて、そこに同志が多かったからです。
その大韓民国臨時政府の首班となったのは李承晩(イ・スンマン)です(後に1948年に建国した大韓民国の初代大統領になっています)。
しかし、李承晩は指導力不足で同志から糾弾され、その後は金九(キム・グ)が指導的な立場になりました(金九は解放後の南北分断に反対した人でしたが、暗殺されてしまいました)。(ページ2に続く)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

韓国はなぜ分断国家になったのか

「三・一独立運動」とは何か

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る