韓国はなぜ日本の植民地になったのか(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗に終わった密使派遣

日本は1904年8月に第1次日韓協約を強要。大韓帝国は外交に関して日本と事前に協議することを求められました。
それを大韓帝国が拒むことは不可能でした。
日本は日露戦争を有利に進め、1905年9月に日露講和条約が調印されました。その結果、ロシアは朝鮮半島から完全に追い出されたのです。
振り返ってみれば、日清戦争と日露戦争は日本が朝鮮半島の権益をめぐって清とロシアと争った戦争でした。




その2つに勝利した日本は、もはや自在に朝鮮半島で支配体制を強化することができました。
1905年11月には第2次日韓協約が調印されました。日本は統監府を設置し、大韓帝国は外交権を奪われました。
植民地になるのは時間の問題となりました。あせった高宗は1907年6月にオランダのハーグで開催された万国平和会議に、日本の介入に対する不当性を訴える密使を送りました。
しかし、すでに大韓帝国は外交権を奪われて万国平和会議に出席する権利もなく、密使派遣は失敗に終わります。(ページ3に続く)

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(中編)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国はなぜ分断国家になったのか

「三・一独立運動」とは何か

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る