なぜ国民はあれほど怒ったのか/韓国の今を考える5

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朴槿恵(パク・クネ)と崔順実(チェ・スンシル)の事件では大規模なデモが何度も起き、国民の怒りが頂点に達しました。なぜあれほど国民は怒ったのでしょうか。その理由をさぐってみましょう。

krMsghSpS28Bx3p1500858423_1500858471

大統領本人の不正

まず、大統領本人が事件の張本人だということです。今までは大統領の側近や親戚が、大統領の威光を利用して不正を犯してきました。歴代の政権で何回も繰り返されたことですが、今回は違います。すべての疑惑の最後には朴槿恵前大統領が出てきました。積極的に崔順実の悪行に関わっているのです。




仮に側近の不正であれば、「自分は知らなかった」という弁明もできますし、周りが悪かっただけで本人には悪気がないという同情の余地もありますが、今回の事件は大統領本人が自分の意思で不正に関わり、部下に指示までしています。それも最初は否定しましたが、すべてが嘘だということが明らかになりました。これはもう大統領本人の不正としか言いようがありません。(ページ2に続く)

現代韓国の問題点/韓国の今を考える1

韓国の若者の世代的な特徴は?/韓国の今を考える2

特権階級の癒着問題/韓国の今を考える3

政治参加する韓国の女性たち/今の韓国を考える4

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る