多才なチャン・グンソクは俳優から監督をめざすのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

彼ほどの才能があれば

チャン・グンソクは、将来の展望として、いずれ映画監督になりたいというビジョンを持っていることだろう。
韓国において映画監督は、他のどの国よりも特別な尊敬を受けている。大衆芸能の頂点に位置する存在、と言っても過言ではない。
その頂点をめざすことは、人生最大のやり甲斐でもある。
大学院で映画の演出を研究しているチャン・グンソクが、映画監督をめざしていないとは、とうてい思えない。




彼ほどの才能があれば、めざすことが「必然」とも言える。
その点で、世界の映画界はどうなのか。
監督兼俳優で成功しているのは、クリント・イーストウッドとロバート・レッドフォードである。
彼らは俳優として活躍しながら、40代くらいから監督業に進出し、名作を演出して名声を博してきた。(ページ3に続く)

『偉大なる遺産』を監督したチャン・グンソクの手腕は?

数えで30代になったチャン・グンソクに贈る言葉

韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る