チョン・イルの兵役!社会服務要員として模範を示す

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チョン・イルは、2016年12月8日に韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所に入隊して兵役をスタートさせた。4週間の新兵訓練を受けたのちに社会服務要員となり、現在は高齢者の介護などに全力で取り組んでいる。

MBC 'Çظ¦ Ç°Àº ´Þ' 4ÀιE

現場で福祉に全力を注いでいる

よく知られているように、チョン・イルが徴兵検査で4級の判定を受けて社会服務要員になったのは、親友のイ・ミンホと同乗した車が2006年8月に大事故に遭って重傷を負ったときの後遺症があったからだ。
彼の身体状況を考えると、4級判定は当然のことであり、チョン・イルは社会服務要員として兵役に取り組むことになった。




現在、ソウル市内の瑞草(ソチョ)療養センターで高齢者の介護に従事している。
従来からチョン・イルは恵まれない人たちに対するボランティア活動に熱心だった。実際に現場で福祉に全力を注いでいる中で、さらなる責任感を痛感したようで、自身が勤務しているセンターに2000万ウォン(約200万円)を寄付したことが2017年6月に明らかになった。(ページ2に続く)

どうなる?イ・ミンホとチョン・イルの兵役問題

入隊したチョン・イルの今後の兵役予定は?

解説!兵役における社会服務要員の役割

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る