世界で一番多く野菜料理を食べる国民は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ちょっとデータは古いのだが、韓国・農村経済研究院がまとめた「2000年食品需給統計」によると、世界で一番野菜を多く食べている国民は韓国人だった。その量は、年間1人当たりで187・6キロだった。

6ZBdDcTo9ZDVURJ1496890675_1496890706

なんと日本の1・7倍!

統計のうえでも、韓国の野菜料理大国ぶりが明らかになった。
ちなみに、年間1人当たりの野菜消費量で2位は中国、3位はイタリアである。すべて食事がおいしいことで有名な国だ。
日本は112・4キロで、アメリカよりも下位だ。データで見ると、韓国人は日本人の約1・7倍の野菜を食べていた。




その韓国では、ホウレンソウ、カボチャ、ナス、大豆モヤシ、エゴマ、サンチュなどの野菜がよく食卓に上がる。
また、ワカメやノリなどの海藻類も多用される。こうした野菜が前菜となるのが韓国料理の特徴だ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る