世界で一番多く野菜料理を食べる国民は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ちょっとデータは古いのだが、韓国・農村経済研究院がまとめた「2000年食品需給統計」によると、世界で一番野菜を多く食べている国民は韓国人だった。その量は、年間1人当たりで187・6キロだった。

6ZBdDcTo9ZDVURJ1496890675_1496890706

なんと日本の1・7倍!

統計のうえでも、韓国の野菜料理大国ぶりが明らかになった。
ちなみに、年間1人当たりの野菜消費量で2位は中国、3位はイタリアである。すべて食事がおいしいことで有名な国だ。
日本は112・4キロで、アメリカよりも下位だ。データで見ると、韓国人は日本人の約1・7倍の野菜を食べていた。




その韓国では、ホウレンソウ、カボチャ、ナス、大豆モヤシ、エゴマ、サンチュなどの野菜がよく食卓に上がる。
また、ワカメやノリなどの海藻類も多用される。こうした野菜が前菜となるのが韓国料理の特徴だ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る